フライングチルダーズは18世紀を代表する名馬

日本国内の競馬に詳しいファンや海外競馬に精通しているファンでもあまり知らない人が多いのが、フライングチルダーズです。
しかし今現在のサラブレッドの歴史を考えるうえでは絶対に知っておくべき馬ですし、実際に素晴らしい成績を残しています。

フライングチルダーズは18世紀代前半に誕生した名馬中の名馬で、現役時代には不敗だったといわれています。
父は3大始祖の中でも最も影響力を与えているダーレーアラビアン、母はベティリーデズだとされています。

代表産駒にはイギリスでリーディングサイアーを獲得したブラックレグズ、ブレイズなどがいます。

フライングチルダーズがここまで注目されている理由はいろいろとあり、それは18世紀を代表する3頭に選ばれているという点でしょう。
またフライングチルダーズ自身の弟にバートレットチルダーズがいて、その子孫からはサラブレッドを変えた!と言われているエクリプスが出ています。
この兄弟がいなかったら現代競馬は全く違う形になっていたはずですし、もしかすると100年程度競馬の進化が遅れていた可能性も否めないでしょう。
今は競走形態や競馬の在り方が変わっているので、フライングチルダーズのような馬はなかなか出ませんが、とにかくすごい馬でした。