奇跡の血量を持った競走馬について

競馬に関する書籍などを見ていると稀に「奇跡の血量」という言葉に出会います。
これは競馬で走る競走馬の血統構成の理論のひとつです。

奇跡の血量は18.75%といわれており、この血量を持っている馬には名馬が数多くいるとされています。
例えばエルコンドルパサー、オルフェーヴルなどが有名ですが、海外に目を向けてみるとハイペリオンはセントサイモンの血を18.75%得ています。
そしてトウショウボーイはハイペリオンの3×4で18.75%の血量です。

人間の世界ではなかなか考えられない血の濃さですが、サラブレッドにおいては奇跡の血量は常識範囲内の事柄です。
さすがにそれを超えて血が濃くなってしまうと様々な弊害が起こりやすくなるのですが、強い馬を作るという目的を持って生産に臨んでいるわけですから、多くの生産者が様々な血統理論に挑戦しています。

基本的には3×4で18.75%馬を奇跡の血量というわけですが、その他にも同一の馬の血が18.75%となる配合も、奇跡の血量と呼ばれることがあります。

奇跡の血量の他にもいろいろな血統関連の説などは世界中にありますし次々と誕生しつつありますが、これほど有名な説はあまりないでしょう。