暴露王がどんなサイトか知らない方は必見です。他の競馬情報サイトと一味違って、リピーター率も高く、信頼性の高い予想情報が得られます。

暴露王の競馬情報について調べてみました

競馬情報

暴露王が注目する競馬情報・サウジアラビアロイヤルCなど。

投稿日:2018年10月4日 更新日:

2018サウジアラビアロイヤルCの有力馬をチェック

サウジアラビアロイヤルCは10月6日に東京競馬場で開催される2歳馬限定の重賞レースです。舞台は芝1600mであり、今年も有力馬が多数出走するでしょう。

まず注目すべき存在はルーラーシップ産駒のアマーティ。この馬はノーザンファームの生産で新馬戦をきちんと勝ち上がっています。他には名門藤沢和雄厩舎所属のグランアレグリアですが、この馬はデビュー戦をルメール騎手鞍上で完勝しており、父はディープインパクト、母父はタピットという世界的な良血です。

他には大注目されているジャスタウェイ産駒のシャドウエンペラーからも目が離せず、9月8日の阪神開催の新馬戦を重馬場ながら勝利しています。勢いに乗るゴドルフィンの持ち馬で、アイルランドで生産された期待の競走馬です。

またデビュー戦では敗れたものの2戦目の未勝利戦で出遅れながら2着に0.5秒差を付けて勝ったセグレドスペリオルも怖い存在です。

サクラプレジデント産駒の日高生まれのドゴールは、注目の馬主でもあるカナヤマホールディングスの所有馬です。血統的にもあまり注目はされていませんが、馬場が渋るようであれば面白いかもしれません。

基本的には1戦しかしていない馬が圧倒的多数なので、思いもよらない馬の勝利があってもおかしくはありません。

オーダーオブセントジョージが引退

日本でも馬券発売がなされた凱旋門賞に出走していたので名前を知っている人も多いオーダーオブセントジョージ。ヨーロッパを代表するステイヤーという印象が強く、実際にアイルランドのセントレジャーに2015年から2017年まで3年連続で出走し、優勝2回、2着1回という成績を残しています。

他にもアスコットゴールドカップを制していますし、凱旋門賞では3着と4着に入っています。デビューから少しの間は短距離路線で使われていたものの、長距離を使われはじめてから本格化し、2015年の7月からは驚異の6連勝を成し遂げています。

オーダーオブセントジョージの父はヨーロッパを代表する種牡馬ガリレオ、母はAnother Stormという血統で、母父はGone Westです。2016年と2017年にカルティエ賞の最優秀ステイヤーに輝く生粋のステイヤーっぷりを発揮していました。

そんなオーダーオブセントジョージが引退を発表し、引退レースはアスコットゴールドカップで1番人気ながら4着に敗れています。スピード競馬全盛の時代なので長距離馬不遇とも言われていますが、この馬は父が歴史的大種牡馬のガリレオなのである程度の需要は見込めるかもしれません。

-競馬情報

Copyright© 暴露王の競馬情報について調べてみました , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.