競馬情報

権威ある阪神大賞典 暴露王の考察

投稿日:2019年4月15日 更新日:

阪神大賞典といえば伝統があり過去には様々な有名馬が出走してきました。2019年の阪神大賞典は3月17日に阪神競馬場で行われました。過去にはナリタブライアンやテイエムオペラオー、ディープインパクト、ゴールドシップなども制覇しているレースです。同じくスーパーG2だった大阪杯がGIに昇格した影響もあり出走馬のレベル自体は以前ほどではありませんが、今年も実績のある馬や有名な馬が多数出走しています。

阪神大賞典は1番人気が前走のAJCCを完勝したシャケトラです。シャケトラはAJCCが1年以上ぶりのレースでしたので人気薄でしたが、菊花賞馬相手にあっと驚く大勝利を挙げています。それが評価された形で阪神大賞典で1番人気に推され、2番人気はリッジマンでした。オッズ以上に1番人気と2番人気の差が見られたレースとなりました。

逃げたのは大方の予想通りサイモンラムセスでしたが、途中で2番手を進んでいたロードヴァンドールが先頭を奪います。比較的落ち着いたように道中流れますが、先行争いが激化する部分も見られました。3コーナーを迎えるあたりではサイモンラムセスは馬郡に飲み込まれてしまい、さらにロードヴァンドールのリードも少ない状況。4コーナーをカーブして最後の直線に向くと楽々2番手を追走していたシャケトラがあっさりと抜け出し、後は後続の馬を突き放す一方。余裕の勝利を見せ、貫禄や実力の違いをまざまざと見せ付けてくれました。

2着には中谷騎手が騎乗する6番人気のカフジプリンスが入ったものの、優勝馬との着差は5馬身。3着は横山典弘騎手が騎乗するロードヴァンドールであり、2着馬との差は1馬身半でした。1番人気のシャケトラが勝利しましたが2着と3着が人気薄だったので、3連単の配当は87,820円と荒れ模様でした。

勝利したシャケトラは父がマンハッタンカフェ、母父がシングスピールという血統で、生産がノーザンファーム、馬主は金子真人ホールディングス、調教師が角居勝彦師ということで活躍して当然の馬だといえます。AJCCと阪神大賞典を見事連勝し、恐らくこれで天皇賞春は1番人気になること間違いないでしょう。念願のGI制覇に向けて着々とシャケトラ陣営は動いています。

勝利したシャケトラ以外のカフジプリンスやロードヴァンドールをはじめ、リッジマンやコルコバードなども今後の活躍がとても楽しみです。ステイヤーにとって重要度の高いレースですし、近年は長距離レースが少なくなっているので今後も重要な位置付けのまま存在し続けて欲しいです。

関連記事:「暴露王の競馬情報について調べてみました。

-競馬情報

Copyright© 暴露王の競馬情報について調べてみました , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.