馬券について

競馬は「スポーツ」と「ギャブル」の2つの面がありますが、ギャンブル目線で見るなら、馬券について知っておく必要があります。例え100円だけでも賭けていると、とても楽しくドキドキワクワクしながらレース観戦ができるようになります。ですが馬券には数多くの種類があるので、はじめは戸惑うはずですから一通り紹介(WIN5以外)していきます。

・単勝…1頭選び、1着の馬を当てる馬券で最もシンプルで分かりやすい馬券種です。

・複勝…1頭選び、1着から3着(出走頭数次第では2着まで)までに入る馬を当てる馬券で、単勝以上に当てやすいのですが、配当は低いです。

・枠連…2頭選び、1着と2着の馬を枠番を選択することで当てる馬券です。例えば枠連2-5を購入した場合、1着に「2or5」2着に「2or5」枠の馬が入れば当たりです。

・馬連…枠連と基本的には同じですが、枠番単位で選択するのではなくて、馬番単位で選択することになり、枠連以上に分かりやすいです。

・馬単…1着と2着を選ぶ必要があるのですが、着順通りでなくてはいけません。例えば馬単2→5を買った場合、1着が「2」、2着が「5」だと当たりです。

・ワイド…2頭選び、その2頭が1着から3着までに入ると当たりです。

・三連複…3頭選び、3頭すべてが1着から3着までに入ると当たりです。1着から3着の着順は関係ないです。

・三連単…三連複と似ていますが、着順も当てる必要があります。日本で販売されている一般的な馬券の中で一番難易度が高いです。