競馬情報

根岸Sはモズアスコット・シルクロードSはアウィルアウェイが制覇

投稿日:

2月2日に東京競馬場で根岸Sが、そして同じ日に京都競馬場ではシルクロードSが開催されました。ともに短距離のレースですが、前者はダート1400m、後者は芝1200m。

根岸Sで1番人気に推されたのは、藤田菜七子騎手からマーフィー騎手に乗り替わったコパノキッキング。この乗り替わりに陣営の本気度がこもっていることが分かります。2番人気はデムーロ騎手が騎乗するミッキーワイルドで、重賞は勝利していませんが、プロキオンSで2着に入り前走オープン特別を勝っています。3番人気はこれが初めてのダート挑戦となるモズアスコットで、鞍上はルメール騎手。

レースがスタートすると、コパノキッキングがかなり好スタート。ですがそれを交わし、ドリームキラリがハナを切ります。とはいえ2番手にはコパノキッキングが控え、4コーナーを回って最後の直線に向く頃にはすでに交わす勢い。実際に残り400m地点では先頭に立ちますが、その後後ろから初ダートのモズアスコットが急襲します。

最後には余裕を見せ2着のコパノキッキングに1馬身4分の1差をつけ、モズアスコットが完勝しています。3着には9番人気のスマートアヴァロンが入り、3連単は69,270円とそこそこ荒れました。2番人気のミッキーワイルドは11着に敗れてしまい、その後のフェブラリーSでも大敗しています。暴露王としては、今後の復活に期待したいです。

そしてシルクロードSは、人気が割れました。1番人気のレッドアンシェルの単勝オッズが4.6倍。レッドアンシェルは確かに条件戦とCBC賞を連勝していますが、ファンにとっては不安要素もあったのでしょう。2番人気は自分の形で逃げれば強い印象のあるモズスーパーフレア。今回はスプリンターズSで2着に導いた松若騎手が騎乗しました。3番人気は4歳牝馬のアウィルアウェイです。

ゲートが開くとまずはモズスーパーフレアが楽々とハナを切ります。それに続くのはGI馬のセイウンコウセイ、他にもレッドアンシェル、ダイシンバルカンなども前目につけます。

あっという間に3コーナーをカーブして4コーナーを回り最後の直線に入ります。その時点ではまた逃げていたモズスーパーフレアに余裕がありましたが、徐々に外から馬が襲い掛かってきます。最後にはアウィルアウェイ、エイティーンガール、ナランフレグが伸びて、それぞれ1着・2着、3着。

1番人気に推されたレッドアンシェルは大差の18着に敗れてしまいました。あまりの結果に故障を疑ったファンもいますが、結果は特に問題なかったようで安心しました。

関連記事:「暴露王の競馬情報について調べてみました。

-競馬情報

Copyright© 暴露王の競馬情報について調べてみました , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.